forestline’s blog

山にはまったダイバーのブログです。

沼津のカツ丼

こんにちは。

 

今日は激しくカツ丼が食べたくなり、沼津駅北口にある千楽に行ってきました。

 

www.shizuoka-navichi.net

 

カツ丼には並と上があるのですが、違いはカツの大きさになります。

以前は上を食べたのですが、上1,250円、並750円ということで、今回は並を。

 

 

何か見た目は普通すぎて、レポできない。。

味は上と同じくとても美味しかったです。なお、相方はカツハヤシを食べていました。カツハヤシの上は食べきれないほど量が多いのでご注意を。

GWに燕岳に行ってきた。

思えば、2年前。2015年9月8日~9日に燕岳にチャレンジしました。

初めての北アルプスで、準備も万端にし、ウキウキしていました。個室を予約したので何日も前から天気予報とにらめっこをして、一喜一憂していました。それが、登山日が近づくにつれ、やってきたのでした。

台風18号。。

 

f:id:forestline:20170513213547j:plain

弱いながらも、目を持つこの台風は、大量の雨雲を連れて日本を縦断する方向でやってきたのです。この日の15時のアメダスがこれ。

f:id:forestline:20170513213623j:plain

 

翌日は予報どおりに日本に上陸し

 

f:id:forestline:20170513214035j:plain

 

強い雨と風を降らせて

 

f:id:forestline:20170513214114j:plain

 

行ったわけですが、3,000m近い高山での台風直撃はなかなかのものでして、当然本来であれば息をのむらしい景色は全く見えないし、まさにこの写真が物語る登山でした。

 

f:id:forestline:20170513221146j:plain

 

疲労感も半端なく、風雨の様子からもとても山頂へのチャレンジは断念せざるを得なかったのです。

 

ところが今回は。

f:id:forestline:20170513221646j:plain

移動性高気圧にがっちりガードされ、

f:id:forestline:20170513221949j:plain

雨雲なし!

 

と言う私からすれば神がかり的な感じで登山を開始できたのでした。

 

 

今年のGW。1日と2日を休めれば9連休となる。幸運にも2日とも休むことができた私は、1日昼間に準備をして、すこしだけ仮眠を取ることもできた。そして、仕事を終えて帰宅した相方と自宅を出発。少しだけ買い物をしてからだったので、実質20時過ぎ頃だったかと思います。

安曇野SAで朝食を買い、1時間ほど仮眠を取りました。

今回は1日も午後には雨が上がっていたため、路面が濡れていると恐怖の県道327号線も車のヘッドライトに路面が照らされ道幅を把握でき、思ったよりすんなりと第一駐車場に停めることができました。到着は午前2時頃だったかと思います。空には満天の星空が見られ、晴れを約束してくれているようでした。

3時間ほど仮眠を車内で取りましたが、運転席ではどうも寝にくく、後部座席に潜り込んで何とか就寝。午前5時過ぎに起床。周りは既に起き出していました。

 

P5020001.jpg

第一駐車場は満車になっていました。

 

 

P5020004-2.jpg

寒いといけないので、ストーブでお湯を沸かし、サーモスに入れます。朝食は登山口で摂り、トイレもそこで済ませました。登山口の社で天気の維持と安全登山祈願をするなどしていたら、出発は7時近くになっていました。

P5020005.jpg

 

歩き出しから急登になるため、まずは意識してゆっくり登ります。まだ雪はありません。

 


C0003T01.jpg


少し登って行くとすぐにちらほら雪が出てきました。意外に速くできてた感じです。

C0005T01.jpg

 

思った通り結構暑い。体が水分を欲しがります。水が不足しているので第一ベンチの水場で汲もうと思っていました。

 

P5020007.jpg

第一ベンチ到着。この先ははっきり雪道っぽいので、アイゼンを装着。水場までは少し下る必要がありますが、その道ははっきり雪道になっていました。やや不安がよぎりましたが、的中、沢の水は流れているものの、水場は雪の下で使用できませんでした。これで水は500ccと熱湯400ccのみで、合戦小屋まで行かなければならなくなりました。あ、でも、合戦小屋って平日は今の時期閉まっているのでは…汗

 

ま、900ccあれば何とかなるだろうっていうことで、暑いしソフトシェルを脱ぎ、ベースウェアのみの格好に。

P5020009.jpg

アイゼン装着の図。

 

やっぱりちょっとお腹が空いたので、朝ご飯の残りも頂きました。

P5020008.jpg

 

さて、ここからは雪道ですが、朝寒かったせいか雪はある程度締まっていてアイゼンがよく効きます。

C0010T01.jpg

 

第一ベンチと第二ベンチは短く、気持すぐ着きます。

P5020011.jpg

あ、第二ベンチの林の裏に山がちらっと見えました。おおー!こんなところから何やら山が見えたんだ。2年前には考えられないことです。

 

P5020014.jpg

 

そして第三ベンチ。第二ベンチから第三ベンチまでは長かった。斜度も結構ありました。しかし、この先、第三ベンチから富士見ベンチまでが一番勾配がきついという。相方が相当ばててきていて、「無理しなくていいよ。諦めて帰ったっていいんだから」と声をかけますが、相方は「帰るなんてあり得ない」ときっぱり。強情なのです。

 

C0012T01.jpg

 

どんどん他の人に抜かれますが、時間的には燕山荘泊ですから全く問題なし。

 

P5020017.jpg

何とか富士見ベンチ到着。この道標の手前から富士山も見えましたよ。ちょっと春霞に霞んではいましたが。

 

 

P5020025.jpg

さすがにここまで来ると、第一ベンチで林の隙間に見えた山々も次第にその姿を見せ始めます。

 

 

P5020027.jpg

この頃になるとペットボトルの水はほとんど飲み干してしまい、サーモスのお湯だけ。しかし正直サーモスの高い保温能力のため、熱くて飲めない。笑

すれ違う人に「今日、合戦小屋開いてましたか?」と聞くと「飲み物だけなら」との答え。やったー!飲み物買える。

長い急登に疲れながらも、念願の合戦小屋に到着。

 

P5020029.jpg

コーラとポカリを購入。ちょびっと残った水とサーモスのお湯を冷やす。

 

P5020032.jpg

合戦小屋から見ると急登が見えます。写真ではあまり急に見えないけれど、本当は結構急。しかもかなり長い。冬道はここを直登します。ここから私はピッケルを使うことにしました。相方はまだストックで行くそうです。

 

P5020037.jpg

相方、かなりへばっていますが、根性で登って行きます。具合が悪いわけではなく、ただ、疲れているらしい。

 

この急登を登って行くと森林限界を越えます。そして周囲の山々もその全容を表してくれます。

P5020011-2.jpg

じゃーん。槍ヶ岳も見えます!「ほらほら槍ヶ岳が見えるよ!」と励ましても「えぇ?あれ、槍ヶ岳なの?ほんとに?」と。本当だと言っても、テンション上がらず。。

 

P5020012-2.jpg

そこで、写真を撮ってもらって休ませることに。お腹のバックはカメラが、右のショルダーハーネスのポーチには行動食が入っております。左のショルダーハーネスにはアクションカムが取り付けられています。

 

P5020014-2.jpg

「今度は背中側から撮ってくれ!」とリクエストし、撮ってもらいました。コンデジのため、完璧に露出がオーバーしてます。

 

P5020044.jpg

合戦小屋からすぐの急登を登り終えても、いくつか小さいピークを越えます。疲れた体にはそれが厳しい。

 

C0022T01.jpg

この辺になると、赤旗1つ分歩いては止まり、また1つ分歩いては止まりの状況です。

 

P5020054.jpg

燕山荘が見えてきましたが、ピークを1つと燕山荘直下の急登を越えないといけません。特に燕山荘直下の急登はラスボスのようです。

 

C0024T01.jpg

ラスボスは途中から階段になってくれました。でも、ラスボスってことで気合いが入ったのでそこまできつくはなかったかな。合戦小屋すぐの急登が一番きつかったかも。

 

夏道と違って、ほぼ一周する形で燕山荘の玄関に着きます。この一周が地味に長かった。でも、景色は最高だった。

P5020018-2.jpg

槍ヶ岳がこんなに近く見えるんですね。

歩いたら遠いけど。

 

P5020063.jpg

ようやく燕山荘の玄関に着きました。

 

P5020058.jpg

玄関前の山男。ただいま!また来れたよ!って感じです。

 

P5020062.jpg

そして燕岳。2年前は燕山荘からでもほぼその姿を拝めることができなかった…。

 

P5020020-2.jpg

感無量です。

 

さて、昼ご飯も食べていないし、まずはチェックインしないと。今回は相部屋です。さて、どんな感じかなあ。

 

P5020064.jpg

新館の3階を案内され、部屋はこんな感じでした。3畳で区切られていて廊下側はカーテン。敷き布団は3組で、掛け布団は6組。新館は施設全般新しく、トイレは綺麗な洋式トイレ。冬期ゆえ流しの水は出ず、手の消毒用アルコールが置いてありました(女子トイレは手洗いのみの水は出たとのこと)。

チェックインしたときには、まだ私ら2人だけ。2人で寝ると敷き布団1つずつ使え、1畳分荷物を置ける。誰も来ないといいなあ。今日平日だしなあ。

 

P5020056.jpg

昼食は14時までのため、急いで食道へ。ビーフシチューを頂きました。美味しかった。肉も。相方もビーフシチューとケーキを食べていました。元気になったみたい。

とは言え、山頂までは厳しそうなので、登頂は明日にすることにしました。天気は明日も大丈夫だと思うのですが、ちょっぴり2年前のことを考え、「もし、明日天気が悪かったら」と思ってしまいます。

 

P5020068.jpg

食事の後、ちょっとそこらを散歩しようと言い、外に。イワヒバリがこんなに近くに。

 

P5020071.jpg

燕山荘近くの奇岩。これもイルカに見えないこともない。

 

P5020072.jpg

おお、頂上にあんなに人が。。これは明日朝登頂の方がやっぱり良さそうです。

 

P5020073.jpg


テン場から燕山荘を。風格もあり、かわいい山小屋です。

 

夕食は17時30分から。日没は18時30分頃とのことです。

P5020074.jpg

まずは夕食。ハンバーグと赤魚の切り身。杏仁豆腐とあと何かありました。取りあえずご飯は一杯にして、アーベントロートの撮影に向かいます。

 

P5020087.jpg

風景がセピア色に変わっていき

 

P5020103.jpg

陽は沈んで行きました。

P5020118.jpg

あまり赤くはなりませんでしたが

P5020121.jpg

皆さん静かに魅入ってました。

 

P5020122.jpg

 

さて、陽も沈んだことだし、今度は赤沼社長のお話を聞きに再び食堂へ。

色々な話を聞けました。何か人柄がにじみ出る感じだったなあ。そして、「今の時期は音が出ないんですよねえ。。」とやや渋りながらもみんなのリクエストに応じてホルンの演奏もしてくれました。

 

f:id:forestline:20170513234904j:plain

思ったような音が出ずに、ちょっとがっかり顔の赤沼さんですが、いい音でしたよ、初めて聞けたし。大きな音がするものですね。ありがとうございました!

 

赤沼さんの演奏が終わり、解散となったところで、一旦部屋に戻り、今度は星景写真を撮りにミニ三脚を持って再び外へ。

最初は、ISO3200の25秒、Fは解放。

P5020129.jpg

うわー、シャッターが開いているときに前を人が通る通る。

ちょっと明るすぎだな。月が出ているし。月でピントは合わせられた。

 

今度はISOを1600にしてみる。

P5020130.jpg

 

まだ明るいかな。ISO1600で15秒にしてみる。そして真上を写してみる。

P5020134.jpg

 

まだ明るいけど、今日はこんなものかな。と何枚か撮ったのですが、どうもフォーカスリングが回って今ってピントがずれていたらしく、これも含めて失敗だらけに。

P5020136.jpg

 

と、まあ、ピントの件は帰宅して拡大してみて初めて分かったので、この時には十分満足して部屋に戻りました、、。

あ、そうそう、部屋にはそれから追加の宿泊客は来ず、私と相方だけで3畳使え、プチ個室状態でした。超ラッキーでした。

 

部屋に戻ると既に20時30分近く。それから20分で翌日の支度とヘッドライトを置いておく、一応耳栓を用意する等の就寝準備をしました。そして21時に強制消灯です。

消灯したのは分かっていましたが、それからすぐに寝てしまったようで、トイレにも起きずに起きたのは4時30分でした。

日の出が5時、朝食が5時15分です。さっそくモルゲンロート撮影の準備を持って外に出かけます。

 

P5030144.jpg

おお、明けだしている。外はライトがなくても足下も見えます。ただ、足下が燕山荘サンダルだ。。指先がさすがに冷たい。そのため一度戻って登山靴に履き替えました。

 

P5030152.jpg

ベストポジションが靴を履き替えているうちに取られてしまいましたが、ま、気にしない。

 

P5030153.jpg

ほらほら、出てきましたよ。御来光です。

 

P5030163.jpg

綺麗にでてくれました。今日もいい天気になりそう。

P5030048.jpg

燕山荘もそれなりに赤く染まり

 

P5030047.jpg

みんなも御来光に魅入っていました。

 

P5030162.jpg

燕岳も

 

P5030164.jpg

槍ヶ岳も小モルゲンロートで朝を迎えました。

 

P5030049.jpg

振り返ると結構人がいました。

 

その後すぐに朝食を取り、部屋に戻ってチェックアウト。ザックをデポしてもらえますか、と小屋番さんに聞くと、2階のザック棚に置いてくれれば、ということだったのでザック棚に置いてデポし、ピッケルとアイゼンとカメラ類だけもって山頂へ。

 


C0027T01.jpg

昨日とは違って軽快に歩きます。

 

P5030171.jpg

イルカ岩は結構すぐそば。登山道から少し右の斜面を上がるとベストポジション。

 

P5030052.jpg

登山道からだとこんな感じ。

 

C0028T01.jpg

登山道に雪はあるところもあれば

 

C0030T01.jpg

ないところも。朝で雪が締まっていたので、そこそこ歩きやすいけれど、前日緩んだプチつぼ足がそのまま固まっている。

相方は段々疲れてきたみたいです。着すぎだったんじゃ。。

 

P5030054.jpg

眼鏡岩。下に看板があり、それで眼鏡岩と分かりますが、普通に見ても眼鏡には見えません。

 

C0032T01.jpg

意外とアップダウンがあります。

 

C0033T01.jpg

急登を登りきれば

 

P5030058.jpg

登頂です。登山客は私ら以外には4人だけ。ゆっくり写真を撮ることもできました。

 

P5030178.jpg

もっと帽子を深く被るべきだった。

それでは山頂からの景色を。

 

P5030181.jpg


P5030183.jpg

P5030185.jpg

P5030188.jpg

P5030186.jpg

P5030184.jpg


素晴らしいです!ちょっとだけ雲が出てきていましたが、遠くまでよく見渡せたし。富士山も見えましたし。

f:id:forestline:20170514003036j:plain

 

ほんとの燕岳が経験できて本当によかったなあ。。

 

名残惜しいけれど、帰ろうか。と、燕山荘まで戻ります。途中雷鳥がいないか探したのですが見つかりませんでした。そう言えば赤沼社長が「最近、登山者の食べ残しを狙ってカラスが山頂まで飛んでくる。カラスは雷鳥も襲う。そのため燕山荘付近に雷鳥が見られなくなってきている。人が食べ残しを放置するということも餌付けなのだということを知って欲しい」というようなお話をされていました。

 

私だけ燕山荘内に戻り、二人のデポしたザックと乾燥室に置いてあったスパッツを取って外に出たのですが、私のスパッツの片方がない。。ザックをデポしたとき、「ストックがない。。。盗られたんだ。。」とがっくりしていた妙齢の御婦人を思い出す。

代わって相方が燕山荘内に戻って探してくれたのですが、なく、私も外のベンチでがっくりしていたところ、隣のベンチの足下に私のスパッツが。どうやら風で1つ飛んで行ったらしい。。。すみませんすみませんすみません。

 

というような騒動もあり、大幅に燕山荘を出るのが遅くなりましたし、さすがGW後半戦開始の3日だけあって、登ってくる人がめちゃくちゃ多かったです。すれ違いができずに、登り優先で譲っていたのですが、いつまでもそうしていると登山者が切れず、下りられないので、山側を選んで、やや道を外れて下りていました。

アイゼンは第二ベンチで外したのですが、結果的には失敗。第二ベンチと第一ベンチの間で大転倒し、以降怖くてペースもダウンとなりました。でも、それでも13時過ぎに無事に登山口に到着できたので何よりです。

 

お社に手を合わせて全てに感謝し、二人で記念撮影。

 

f:id:forestline:20170514004005j:plain

前回は、雨に打たれて冷え切ってふらふらになって中房温泉に入り、出てきたときに同じように撮ったっけ。

f:id:forestline:20170514004125j:plain

 

なんか元気さが全然違います。

 

日焼けもしましたし。

P5030063.jpg

 

 

と、帰りは、今回は中房温泉ではなく、有明温泉に入って東京の実家の方に帰宅しました。今回も疲れて脚が数日間ひどい筋肉痛になったのですが、今回の山行は本当に良かったです。ありがとうございました。感謝です。

 

youtu.be

 

 

 

 

 


 




 


 

 

 

 

御殿場口登山道でトレーニング?

富士山御殿場口を残雪を求めて登ってきました。

 

今回のお題は、ピークハントではなく、ピッケルによる滑落停止訓練と、ちゃんとアイゼンを装着できるか、ということです。

続きを読む

カメラバッグ パーゴワークス フォーカス

以前は、登山中のカメラの携行としては、ザックにぶら下げるストラップを使用していた。 

 このタイプは片方がホックに、片方がバックルになっているタイプで、ザックのショルダー部分にあるD環にTKストラップのホックをくぐらせて取り付け、方やカメラのストラップにバックルのメスを取り付けて使用する。

続きを読む

wedding anniversary

3月21日は結婚記念日でして、当日は平日だったものなので、翌週お祝いに食事をしに行きました。

 

プレゼントとしては、これを。笑

続きを読む

2017-03-19 北横岳

前々週は残雪残る天城山に登り、雪上を登ることを初体験しました。 

forestline.hatenablog.com

 

 

 

前週は入笠山に初めて雪山に登り、スノーシューの体験をしました。 

forestline.hatenablog.com

 

そして今週は、北八ヶ岳の北横岳に雪山登山に向かいました。 

*1

 

 

*1:山頂から山麓までGPSを切り忘れています。

続きを読む

入笠山

前週に天城山に行ったが、今度はもう少し雪山を体験したく、初心者向けの入笠山にチャレンジした。 

 

 

ゴンドラ山頂駅から1時間ちょいで山頂へつけるらしいので、朝もゆっくり出発である。午前7時に家を出発。富士見パノラマリゾートには、10時過ぎに到着。

 

着替えたり、スノーシューをレンタル(ストック込みで2,000円)したり、相方とはぐれたりしてどんどん時間が過ぎてしまい、登山開始は11時30分を回っていた。笑

 

スノーシューは初めてだが、レンタルしたサロモンのやつは履き方はとても簡単。足を入れてダイヤルを回して締めるだけである。その代わり、足の先をちゃんと入れてないとすこっと脱げる。

P3110006.jpg

 

天気も快晴だし、雪も締まっていてほとんどスノーシューは沈まないし(ということはスノーシューがなくても快適に歩けるということだが)、快適であった。

 

ほどなく、山彦荘に到着する。営業はしていない。

P3110011.jpg

 

 

そしてカタカタ歩いているうちに、マナスル山荘に到着。

P3110023.jpg

 

迷ったが、昼食は14時までということだったので、先に食べることに。

自分はカツカレー。

P3110019.jpg

 

相方はカツカレーのハーフにパンをいただきました。美味しかったようです。

P3110017.jpg

 

コーヒーも美味しかったですが、ちょっとトイレが心配になりました。

P3110018.jpg

 

マナスル山荘から先は登りが少々きつくなりますし、雪も深くなります。スノーシューが良さそうです。

P3110027.jpg

 

雪山は一本道の登山道だけではなく、色々トレースが残っています。

山頂への道も、本来は巻いて登るところを直登のトレースが踏み固められていたり。なるほどなーと思う。僕らもそっちへ行ってみよう。

 

 

P3110030.jpg

 

山頂は景色がよかった!

八ヶ岳

P3110034.jpg

 

南アルプス

P3110033.jpg

 

北アルプスは雪雲がかかっていて見られませんでした。登頂記念。ガッツポーズをしたのに、手袋のせいで、ヤレヤレなポーズになってしまった。

P3110039.jpg

 

下りはトレースを追っていったのだが、急で雪も深かったので正規な道だったのかは定かではない。スノーシュー様々であった。

P3110044.jpg

 

急坂が終わったところからは緩斜面が広がっており、スノーシューを脱ぎ、ザックに取り付ける。シリセードの出番である。

うわ、こけないと止まらないー。足でブレーキなんて無理むりー。

P3110049.jpg

 

所々シリセードで下り、休憩。

P3110058.jpg

 

ノースパイクでも問題なく、ゴンドラまで到着。駐車場前でご苦労サマ...φ(´ー`*)乾杯。

P3110062.jpg

 

帰りは車で足を伸ばしたところにある温泉に入って帰る途中、八ヶ岳アーベントロートに染まっていたので、パチリ。

P3110063-1-2.jpg

 

今回はアクションカメラで動画も撮影していたのだが、ザックのショルダーハーネスに取り付けたカメラの向きが悪く、又はシリセードで転倒の結果曲がっていたりして、いい動画が撮れなかった。こまめにカメラの向きは確認しないと、だ。

 

E-M1MarkⅡは今回もさほど重量は感じない。シリセードでの転倒で雪を被ったりしたが、防塵防滴耐寒冷は安心だ。バッテリーは今回は暖かかったし、問題は認められなかった。

 

着装だが、パンツに若い頃着ていたスキーパンツを履いていった。もこもこしているが、そんなにおかしくないですよね?暖かくて動きやすかったので。雪山ではこれもいいかなって…。

P3110075.jpg

 

youtu.be