読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンズのプロテクター

カメラ

 

www.olympus-imaging.jp

NEWレンズを買ったのだが、今までレンズ保護のプロテクターは付けたことがない。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは、僕のお小遣いからすると相当に高い買い物だったし、過失による破損による保険はないのがちょっと心配。

このレンズ、山に持って行くつもりだしね。

 

で、プロテクターについて調べてみると、付ける人、付けない人結構分かれているみたいだ。

付ける人は、勿論レンズを保護するため。実際に落とすなどして壊して「レンズには傷が付かずによかった!」とコメントを書いている人もいる。

一方、プロテクターなどというガラスを1枚入れると写りが悪くなる、レンズ保護はフードで十分、移動の時はキャップをしろ、という人もいる。

プロテクター派の人は、レンズキャップなどしていたらここぞというときのシャッターチャンスを逃がす!と主張している人もいる。

 

まあ、今までキャップで山道を移動していたし、14-42mmのときはフードすらなかったわけで、それでも大きな傷はついていない(と思う)。

 

そして更に悩ませるのが、C-PLフィルターという存在である。

C-PLフィルターというのは、偏光フィルターで、光の反射を減らしてコントラストを上昇させるもの。紅葉の赤は赤く、空は青く、水は透きとおって、という感じで、風景写真なら必須という人もいる。

このC-PLフィルターをプロテクター代わりに常用している人もいるっていうんで、複雑なのだ。しかし、C-PLフィルターはサングラスのようなものなので、色が付いている。そのため、絞りは2~2.5段下がるということらしい。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは、F4.0なので、F8.0くらいになっちゃうのかな。そうすると暗いところでは外すことになりそうだし、外したら付けるのが面倒でそのままってこともありえるかなー。あり得そうな気もする。

 

プロテクターは、6,000円~10,000くらい。

C-PLフィルターは8,000円~20,000円くらい。うーん。