読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松崎でうなぎを食する。

私は、そこそこ鰻で売っている街に住んでいる。

小さい街だが、鰻を扱っている店は多く、有名どころのお店は一度は行っている。

また、鰻と言えば浜名湖を要する静岡県浜松市も有名(うなぎパイも)で、二度ほどだが人気店に行っている。

もちろん、東京でも何度も食べている(有名店は高いのでないが)。

松崎というのは、静岡県賀茂郡松崎町のことで、伊豆半島の南西部に当たる小さな町だ。海が近いのでどちらかというと海の幸向けで、鰻は全く有名ではないのだが、私が今まで食した鰻重では、こちらの三好というお店がダントツ№1なのだ。

 

そのお店がこちら

P1140006.jpg

 

絶品なのは鰻重だけではなく、焼き鳥や焼きトンも絶品。

焼き鳥は元来それほど好きではないのだが、こちらでは必ず注文してしまう。七味唐辛子を多めに振りかけるのがよい。

P1140002.jpg

 

そして鰻重がこちら。

P1140004.jpg

 

アップ

P1140005.jpg

 

こちらのお店では、ご飯にも凝っていて、竈で炊いているのだ。非常に美味なのである。できれば、鰻重松(松だったかな。要するに大)を2つ頼みたいのだが、一人で9,000円近くになってしまうので、鰻重桜(中)1つで我慢する。

 

お店は那珂川という川にほど近く、また海もすぐそばである。食べた後は散歩代わりにカメラを持って散策する。

P1140007.jpg

逆行と鴨を撮影してみた。寒い中鴨は元気だ。

 

松崎町というとなまこ壁が有名である。こんな壁だ。

P1140012.jpg

どこかの家の倉のようだ。

 

川から海の方へ歩いてみる。

P1140016.jpg

海に面したところに神社がある。海難除けの神社だろうか。

 

海に出たところで、風が非常に強く寒いので、そそくさと退散することにする。

下田から熱海と東海岸を通って帰ることにしたので、今日は伊豆半島をほぼ一周だ。

 

 

下田では道の駅に行き、ニューサマーサイダーを買ってみる。

ラベルは微妙だが、味は悪くなかった。今時ビンで売っているサイダーは珍しいのでは?と思った。

 

その後、伊東の道の駅で再度休憩。陽が落ち始めている。

P1140079.jpg

この後、眠くなってしまい、車で仮眠していたら辺りは真っ暗になってしまったのであった。

 



 

 

どんど焼き

正月のお飾り等を処理するのがどんど焼きである。

子供の頃は東京だったためか、どんど焼きという言葉も知らず、お飾りはゴミとして処理していたように思う。

 

近くの神社で毎年行うどんど焼きが、今年はいつだったか調べてみたが、その途中で派生的にいくつかのことが分かった。

 

どんど焼きは、鏡餅に備えている飾りも入れて焼くのだそうだ。

そうすると、鏡割りはいつだったか。

鏡開きをする日は、関東では1月11日、関西では1月20日だそうだ。

 

え?地方によって違う?

 

三代将軍徳川家光が旧暦ではあるが亡くなったのが4月20日。20日は忌み日とされてしまったようで、それまで統一的に鏡開きをしていた1月20日を早めて11日にしたそうだ。

江戸時代だけに江戸では11日が定着したものの、関西では定着せず、そのまま20日が鏡開きの日となっているとのこと。(そこは関西が正しいと思われる。)

 

そもそも鏡開きは松の内が終わってからするものであったため、それまで松の内の終わる1月15日の後である20日に行っていた(関西では今もそう行っている。)が、関東では鏡開きが11日になってしまったので、それより松の内の終わりが後というわけにいかず、松の内は7日となったそうだ。(そんな決め方でいいのか。)

 

正月飾りと言えば、門松、しめ飾り、鏡餅が一般的である。

それらの意味というのは、門松は神様の目印、しめ飾りは神様が出て行かないようにするもの(拉致?!)、鏡餅は神様の居場所(鏡に宿るということかららしい)だそうな。神様が宿った聖なる餅を刃で切るのは切腹を意味する(よく分からないが)ので、割るんだそうだ(木槌で割るのが一番正当らしい。)。

 

松の内は、神様が家にいる期間で、お飾りは神様をお迎えするもの。その松の内は、元日からである(とは言え、飾るのは12月31日は一夜飾りといって神様に失礼、29日は苦が入っており不吉とされていて両日は不可とされている。)。

松の内が終わり、神様がお帰りになり、清くなったお飾りを燃やして煙にして天に戻し、灰は持ち帰り家の加護物としての役割を担う。正月(松の内)は大正月である元日から小正月である15日まで。その15日にどんど焼きを行う。鏡開きは20日。うん、辻褄があう。関西が正しい。 

 

とは言え、近辺では関東風が習わしとなっており、自分自身も関東風に染まって育ってきた。正月は元日、松の内は7日まで。鏡開きは11日。どんど焼きは15日である。ただし、最近は成人の日がハッピーマンデーになったことから、15日ではない日に行うこともあるそうな。うーん、そういうものでもないような。)

 

と、分かったところで、我が家では毎年正月飾りを神社に持って行き、どんど焼きのときに炊き上げていただくことにしている。

 

神社までは家から歩いて30分ちょいかかるところにある。由緒はかなり正しい神社で官幣大社である。毎年カメラを持って行っているので、今年も持参だ。

 

途中に公園があり、小さな滝をスローシャッターで撮影してみる。

 

P1090046.jpg

 

もっとSSを遅くしたかったが、ま、いっか。

 

もう3が日はとっくに過ぎているのに、境内にはかなりの人だかりである。出店もたくさん出ている。

P1090049.jpg

 

 

恒例のところに、正月飾りやお守りを預かってくれる場所が設けられていた。

P1090051.jpg

ここも、ひっきりなしである。

 

境内の梅の木は早くも花が咲いていた。

P1090053.jpg

まだまだこれから寒くなるのに、春を感じますね。そう言えば、昔の日本人の花見は梅だったそうですよ。

 

 

本殿はかなり立派です。

P1090059.jpg

それほど並ばずに参拝ができた。

 

 

P1090061.jpg

菊の紋章。

 

 

恒例のおみくじを引いたところ、末吉。。結んで来た。どうもこの神社のおみくじは今ひとつだなあ。中にお守りが入っているのだが、今年は「かえる」であった。無事帰る。無病息災。だそうだ。ちょっと危ういのかな。注意しなくちゃ。

 

 

お参りの後、境内で名物のあん餅を食べ、その後ランチをしに駅に向かい、焼き肉ランチをいただきました。

P1090062.jpg

量はないけれど、美味しかったです。それなりの値段であります。

 

 

 

 

 

 

 

寿司を食す。

急に寿司が食べたくなってしまい、いつも行く回転寿司に出かけた。

 

 

金目鯛(うち2貫)          マグロ赤身(うち2貫)

 

 

生しらす                赤海老に活ホタテ

 

 

おしつけ(アブラボウス)        うなぎ

 

 

桜海老                イカ三種

 

 

赤海老の炙り             蒸し海老の炙り

 

 

ツブ貝の炙り              もう2貫赤海老の炙り

 

 

カッパ巻き               ソフトクリーム(食べかけ)

 

以上。おしつけは脂ぎっていてちょっと苦手だった。それ以外は美味かったです。

 

ごちそうさまでした。

 

車検とNew靴

日常生活

ウチの愛車(自動車)は、トヨタのAQUAであるが、購入してから3年を迎え、最初の車検となった。

 

車検の内容自体は、まだ1回目ということもあり、大した問題は皆無だったのだが、今まで至れり尽くせりだったトヨタ販売店のサービスが色々終了することになった。

あと2年のサービスでトヨタに乗り続けるか、他の会社に移るか見極めたい、というか乗りたい車がトヨタにないのがまず問題だが。

大した問題は確かになかったのだが、バッテリーの話をされた。

バッテリーが老朽化すると急激に電圧が下がり、起動しなくなるというのがハイブリッド車の特徴とのことだった。くわばらくわばらである。

 

車検の整備をしてもらっているうちに、目当てのラーメン屋さんまで食事をしに、少し歩くが散歩を兼ねて出かけた。

 

まずは寒いのでスターバックスに行ってココアをいただく。

 

P1080001.jpg

 

このスターバックスはできて間もない店舗である。休日の10時過ぎの国道沿いの店舗だというのに、結構混んでいる。

 

 

 

散歩をしつつ、珍しい鳥でもいれば撮影しようと思っていたが、残念ながら機会に恵まれず、道中見かけた神社を撮影してみた。

 

P1080038.jpg

 

「天神社」。天神。天神さま。菅原道真が祭神の神社である。

時間もなかったので心の中でご挨拶申し上げ、通過することとする。

 

ラーメン店でいつもどおりの美味しさを堪能した後、帰り道に靴を買いにお店に寄った。今まで履いていた靴が1年半でぼろぼろにくたびれてしまったのだ。

妻が何足も持ってきてくれたので何度も試着?をしたが、最終的に、Adolfo Carliのブーツに決めた。仕事にも遊びにも履いていく用の靴だ。

 

 

Adolfo Carliは、1973年に靴職人のアドルフォ・カーリさんという人がイタリアのフィレンツェで作った靴メーカーだそうだ。現品限りであったが、皮がよくなめしてあって柔らかく、足首の締まりもちょうどよかった。もちろんサイズも。

 

定価は3万円弱だが、9,800円の大幅値下げ品である。

 

こいつをガンガンはきつぶしてやるのだ。いや、手入れはしますがね。

 

 

 

鯛を捌いてみた。

日常生活

昨年の年末に「武峰」という野サバキ刀の記事をアップしたが、ブログを書くほどに調べ直すとやはり使ってみたくなった。

 

正直買ってから一度も研いでない(刃こぼれが怖くてほとんど使ってない)ため、切れ味が心配なところであるが、使ってみたくて溜まらなくなったので、魚を捌いてみようと思い立った。

 

「魚を捌いてみよう」と言ったところで、魚を捌いたこともほぼ未経験である。

 

ネットでよく見ているYOUTUBEの動画に、魚釣りの動画をよくアップしているものがあって、自分で釣ったものは自分で調理して食べるというコンセプトがあるので、捌き方が分かる動画もよくアップされていた。それを参考にした。

 

前日の4日も魚を求めてスーパーやちょっと足を伸ばして魚市場に行ってみたのだが、切り身や加工品ばかりで鮮魚がない。

子供の頃は鮮魚が当たり前だったが、今は時代が違うらしい。

 

今日はちょっと地方色の強いスーパーに足を伸ばしてみた。すると、あった。

 

真鯛、シマアジメジナ、イサキ、太刀魚、金目鯛がマルのまま売っていた。いずれも刺身もいけるようだ。

 

迷ったあげく、真鯛をチョイスした。迷ったのは結構でかかったのと、値段が高かった。サイズは40cm+で2,000円弱であった。

 

C0001T01.jpg

 

まず、水で洗ったあと、水をかけながら鱗を取る。

その後、腹を割いてワタを取り出す、、ところで身に刃が入らない。。

魚も滑るし何度も失敗してやっと入った。

エラ下から肛門まで開き、刃が内臓を傷つけないよう薄く開いた。

 

ワタを刃で取り出そうとしたが、そううまく扱えなかった。ため、手で取り出す。

うまく全部を取り出せず四苦八苦しながら何とか取りだした。ちょっとまだついているかな?

 

頭を落とした。ここは全く苦労せずに、ざっくり刃が入り、骨のところは上からドンと押せばスッと落ちた。頭大きいな。出汁取りに使おう。

胸びれも刃を当ててこするように押していくとあまり苦もなく切れた。

 

背びれは難しく、刃も入らず、キッチンばさみで何とか取ったが、結構身も持って行かれてしまったような。。

 

三枚に下ろしに挑戦である。

 

背中に刃を入れるが、骨に沿っているのか、身に大分入ってしまっているのかよく分からない。

 

次にしっぽのほうに切り目を入れて、そこから刃を入れて頭の方に捌いていく。

今度はガリガリ音を立ててしまっていて、骨にかかりすぎか?刃もすっと入るところと引っかかるところが順番に出てきてしまう。

 

それでも片方の身が取れた。が、骨側に身がたくさんついている。そげ落として刺身にしましょう。

 

反対側も同じようにしっぽ側に切れ目を入れて、そこから刃を入れて頭側に捌く。同じように骨側に付いた身はそげ落として刺身にする。タタキのようなものだな。

 

落とした身の柵取りをする。中骨を取るために身を触ってみると少しこつこつして骨があるのが分かる。そこを少し大きめに切り取る。うーん、身がいっぱいついている。これは出汁取りにつかいましょう。

 

次は皮剥。ちょっと縦に刃で目を入れてそこから皮をもって身と皮を分離させていくのだが、全く上手くできなかった。動画では簡単そうにやっているのになあ。身がぼろぼろになってしまった。

皮にもいっぱい身がついていたので、そいで刺身にします。

 

もう一つの身は、、、皮剥は止めときました。

 

下ごしらえ完成です。

 

ここから作った料理は、4品。

 

①真鯛の刺身 ②真鯛のアクアパッツァ ③真鯛のフライあんかけ ④真鯛のムニエル焦がしバターで。

 

 

あれだけの大きさの鯛で柵取りの半分を使ったくせに、これだけ?とか刺身の身がぼろぼろとかは言わないことにした。

 

大成功とは言えないが、まあ、楽しくできたかな?

ちょっとだけ手を切ったけど。。

 

 

 

 

 

 

2017年が始まっている!

ちょっと油断していたら2017年が始まって既に4日になっている。

今年は(というか今年も)年始には年休を取っているので、今日は休みなのだが、「もう4日なのか-」という感が強い。

 

さて、今年も年末年始は帰省して初詣は鎌倉長谷寺に行っている。

妻が流産して長谷寺で弔っていただき、以来初詣は長谷寺へと決めている。早いもので今年で28回目になる。

その後産まれた長男も毎年お参りに来てくれている。

 

28年の間に長谷寺も色々模様変わりしており、「お寺も変わるのだなあ」と思う。

 

P1010048.jpg

 

この写真を撮った後、暑くなってきたので服を脱ごうとし、カメラを足下に置いていたところ、厄除けだんごを買ってきた嫁さんにカメラをレンズ側から蹴られた。一瞬青くなったが、 特に異常はないよう。プロテクターを付けていてよかった。

 

 

 

2016年大晦日

日常生活

今日は2016年の366日目、大晦日である。

例年に漏れず今年も大晦日までにはやろうと思った掃除や片付け、メンテなどが十分できずに過ぎていく。

こんなんでも来年はいい年になるといいなぁ、と思うのは勝手なのだろうと思うが願わずにいられない。

両親も年老いた。

いつまでも元気でいられることはないが、少しでも後になってほしいものだ。

 

P8094044